客層リサーチアプリの魅力

>

客層リサーチはどのように行われているのか

特定情報から抽出するリサーチ法

アプリケーションの中には、顧客をリストアップすることでリサーチするものがあります。この場合には顧客側に対して一定の利益を明示し、顧客にも情報提供に見合った供給が用意されています。例えば簡単な個人情報を入力して個人のスマホにアプリを登録してもらう。顧客はこのアプリが関係する企業や店舗を利用するだけで、ポイントが付加されます。一方、登録されたアプリには個人情報が登録されているため、アプリがあるだけで、どのような顧客が何時ころ、どの企業を利用したのかという履歴が記録されます。
客層をリサーチするアプリケーションでは履歴から対象となる企業の利用歴をリサーチが可能です。多くの顧客の利用履歴が集まれば、時間帯や客層を始めとして、人気の理由まで分析することができます。

マーケティング調査でリサーチする

市場調査、マーケティングと呼ばれる方法で客層を分析する方法もあります。アプリケーションを保有する企業によって、マーケティング方法は異なるため、一概にすべてが同様の調査方法であるとはいえません。
一般的には購入日や頻度、購入金額から分析するRFM分析法、購入金額ベースを均等にグループ分けして分析するデシル分析、ブランドやデザイン、サイズといった分類を指標にして先行きを予測するCTB分析法があります。
それぞれの分析法は、企業によって使い方を変えている場合もあるもの。一般的にはアプリケーション利用の際、明記されることはありませんが、企業側としてどのようなリサーチ法を活用しているのか、把握してくことで、より高性能な能力を持つアプリケーションを手にすることもできます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る